新しい仕事に応募する時の面接

PAGE LIST

面接では相手の知りたいことを推し量って

新しい仕事に応募する時の面接 面接はどんな状況であっても緊張しやすいもの。より良い結果につながるよう、しっかりと対策を練りましょう。例えば就職を前提とした面接であれば、所属する大学や専門学校に対策を手伝ってくれる部署があるかもしれません。面接のロールプレイを行い、改善点を指導してくれる学校もあります。まずは利用できるシステムがないか調べてみましょう。

面接では身だしなみも大切です。多くの場合、飛びぬけた個性は必要ありません。常識があり、年齢相応で清潔感のある服装が大切です。面接官は身だしなみを通して、相手が社会的に問題のある人物かどうかを見ています。

話すのが苦手ならば、想定される質問と答えを用意し、自宅で何度も練習しましょう。自己PRのために自分の棚卸しをしておくのも良いでしょう。自分の長所・短所、主張できる経験やスキルなどを書き出します。そしてそれらを一つずつ掘り下げておきましょう。例えば面接で「趣味は何ですか」と質問された場合。趣味が何かということはきっかけに過ぎません。面接官はその趣味を通じて本人がどのような人間かを知ろうとしています。面接官に突っ込んだ質問をされたとき、緊張しやすい人はうまく言葉が出てこなくなる場合があります。本当は話したい内容が頭の中にたくさんあるとしたら、もったいないことです。興味を引くエピソードが語れるように、前もって書き出し、準備しておきましょう。

お役立ち情報