新しい仕事に応募する時の面接

PAGE LIST

面接のポイントについて

新しい仕事に応募する時の面接 面接時には、身だしなみや言葉遣いをはじめとしたマナーには十分に気をつけるのは当然のことですが、特に問題がないにも関わらず落とされてしまうという人もいます。その場合には、面接時にマナー以外に気をつけなくてはならないことがあると考えるべきです。会社側にとっては、人を一人雇うということは将来への投資であり大きな賭けとも言えます。投資する価値がある人材ということをアピールするためにも、その会社で働くことができたら何をすることができるのかをうまく伝える必要があります。他人に自分のことを伝えるのはイメージしているよりも難しいことであり、そのためにはまず自分自身のことを理解しておかなくてはならないので、面接前には自己分析をしておくようにしましょう。

面接では、優秀な人材でも採用となる人ばかりではなく不採用となることもあります。その場合には、仕事ができるかどうかが関係ないポイントで落とされているということになります。仕事ができるかどうかのみならば履歴書で判断することができるので、面接でアピールするべき点は仕事の能力のみではないことは明らかです。面接時には人間性を確かめられているということを頭に置いて臨むようにするべきではないでしょうか。

お役立ち情報