新しい仕事に応募する時の面接

PAGE LIST

面接とその後にするべきこと

新しい仕事に応募する時の面接 正社員としての就職や転職はもちろんのこと、アルバイトやパートなどで働く場合にも面接があります。面接はどんなシーンにおいても緊張するものであり、適度な緊張は持っておくべきとも言えます。しかし緊張のあまり面接に失敗してしまうようでは意味がありません。面接で失敗とまではいかなくとも、伝えたい熱意を伝えきれないというケースもあります。その際には、面接の最後に心を込めた感謝の気持ちと伝えきれなかったことを伝えるためにも、お礼のメールやお礼状を送ることは効果的と言えます。面接の後にお礼を伝えている人は半数程度なので送っておいて損はありません。

面接後にお礼を伝えるためにメールやお礼状を送るかで悩む人は多いのではないでしょうか。お礼を伝えることで相手が不愉快になることはありませんが、よく目にするような文面では特に効果もありません。マナーをしっかりと守った上で自分らしい言葉でお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。お礼状やメールを送ったからといって合否に大きな影響が出るばかりではありませんが、採用を悩んでいる場合には多少は影響してきます。お礼を伝える際には、面接後すぐにメールを送る方が効果があるのでタイミングにも注意しておきましょう。