新しい仕事に応募する時の面接

PAGE LIST

面接で退職理由を聞かれたときのマイナス理由

新しい仕事に応募する時の面接 仕事も満足、給料も満足、何もかも満足している人が転職をするかです。よほどのことがない限りそんな人はいないでしょう。転職をするには何らかの不満があるはずです。自分がしたい仕事をすることができない、給料が少ないなどがあります。その他には人間関係の悩みがあるかもしれません。仕事と少し関係のないこととして通勤時間がかかるからなどもあるでしょう。

面接を受けるときには前職の退職自由を効かれることが多いです。必須の内容ともいわれています。ですからきちんと答えられるようにしておきます。鉄則の一つとしていくら本当の理由であるとしてもマイナス理由は述べてはいけないことです。したくない仕事をしていた、給料が安くてやる気がしなかったなどと言えばこの会社で頑張ってくれそうと考えてくれるでしょうか。その逆となります。

問題はマイナスの理由しかない場合です。人間関係に悩んで退職する人は多いです。その時にわざわざプラスの理由を探すかです。人間関係で悩んでいたなら新しい環境で仕事をしてみたい、心機一転で仕事をしたいなどと伝えるとマイナスにならなくなります。理由は後から作ることができます。ただしうそを言ってはいけません。理由としてこれがしたいからというからには本当にそれを目指す必要があります。